ROAD TO CHANGE #4 映画音楽篇 音楽プロデューサーYaffle

ROAD TO CHANGE #4 映画音楽篇 音楽プロデューサーYaffle シンクレア・ウィリアム監督:よろしくお願いします。お話しできること、とても興奮しています…。音楽のプロデュースって、具体的にどんなことをしているんですか?(以下:シ) Yaffle:音楽のプロデュースね…。正直言ったもん勝ちみたいなところもあるんだけどね(笑)(笑)映画でいえば、脚本と主演みたいなものだね。(アーティストが主演と脚本だとしたらプロデューサーは監督みたいのもの)要はシンガーソングライターがいて、歌をやりたい、じゃあそこ以外をどうするのか、具体に落とし込む作業がプロデュース。いわゆるアレンジというところで、歌以外をどうするのか決めたり、関わるスタッフ、バンドメンバーとか、こういう音楽だったら、このスタジオがいいからおさえよう、とかを決める。あとクリエイティブに近い方もやってるね。このメロディーで歌いたかったら、こっちのほうがいいんじゃない?とアーティストと話したりもしていて、歌以外の部分もやるってかんじですかね。(以下:Y) シ:ありがとうございます。 Y:僕の認識でいくと、音楽は好きだけど、ミュージシャンとして歌う気はないからどうしようってなったときに、こういう形に落ち着いているって感じ。僕はプロデューサーになりたいと思ってプロデューサーになったわけではなくて、そういう風に説明した方がわかりやすいからそう名乗っているだけなんです…。(笑)いつも僕はコラボレーションだと思っていて、歌がうまい人と曲つくったら楽しいかなって感じで(笑)そんな感じですね(笑) シ:ありがとうございます。Yaffleさんがつくられる音楽って、音がすごくかっこいいなと思っていて、音のこだわりなどあれば、聞きたいです。 Y:いろいろあるんですけど、一つは、空間表現ですかね。実は人間って音で部屋の大きさとか、自分がいまどこらへんにいるかとか、判断しているんですよね。目を閉じていても、コンクリートの壁だなあとか、風呂場っぽいな、とかあるじゃないですか。映画でも、声の処理だけで、風呂場っぽくするとか、電話口の声だったなあとか。みなさんも言語化できないけれど、習慣的に今自分がどこらへんにいるかとかを、目じゃなくて音で判断しているんですよ。だから僕は音楽で、どこにいるかを錯覚させる気持ちでいます。なので、ありえな … 続きを読む ROAD TO CHANGE #4 映画音楽篇 音楽プロデューサーYaffle